日常

【音声入力】Google音声入力が便利すぎる!パソコンからの音声入力を試してみた。

パソコンから音声入力ができるようにしてみました。

音声入力ができる環境を整えようとずっと思っていましたがなかなか実行に移せずにいましたが、本日ようやく重い腰を上げて、音声入力を試してみました。

結論から言うと、「めちゃくちゃ便利!」でしたので、概要をご紹介します。

パソコンからの音声入力に必要なものはたった2つ!

パソコンから音声入力ができるようにするため必要なものは、次の2つだけです。

たった2つ!

1.パソコン用マイク
2.Google のアカウント

それではこの二つについて簡単にご紹介します。

1.パソコン用マイクについて

音声入力をするためには、パソコンにつなげることができるマイクが必要です。初めて音声入力をためしてみる場合は、特に高価なものは必要ないと思います。安いもので十分でしょう。

私の家には、以前購入したマイクがありました。値段は確か2000円程度だったと思います。

USB でパソコンに接続するとすぐに使用可能です。

最近では、パソコンにマイクが内蔵されているものも多いようです。

2. Google アカウントについて

パソコンからの音声入力は、 Google ドキュメントで行います。Googleドュメントを使えるようにするためは Google のアカウントが必要になります。

手順は以下の通りです。
(1)  Google Chromeブラウザ をインストールする 。

Internet Explorer では音声入力が使えませんので、 Google Chrome ブラウザをインストールしましょう。インストールは短時間で済みますよ。

(2) Google アカウントを取得する。

これも、 Google Chrome のブラウザから簡単に取得可能です。

私は、 Gmail を使っていましたので、そのアカウントでログインすることができました。ログインする際は、スマホから認証番号をタップする必要があります。

必要なものは以上です。

音声入力の仕方

1.Google ドキュメントを立ち上げる

Google Chrome でログインをした後、以下のように実行するだけです。

「ドライブ」→「新規」→ 「Google ドキュメント」

2. 音声入力ができるようにする

「ツール」→「音声入力」→「左側のマイクボタンを押す」

3.実際に入力する

左側のマイクボタンをクリックして、マイクが赤色になってる間は音声入力が可能です。

マイクに向かってしゃべれば、文章が入力されます!

音声入力のコツ

1.ショートカットキーの利用

マイクボタンを毎回クリックするのが面倒な場合、ショートカットキーが便利です

「Ctrl+Shift+S」

これで、マイクのオンオフが切り替わります。慣れてくると、左左手の小指・薬指・中指でこの三つのキーをタタタッと押すことができるようになります。

2.句読点について

句読点「。」や「、」 はキーボードで入力必要があります。「改行」も同様にキーボードから行います。

Siri での音声入力の場合、「。」「、」「改行」の入力は言葉で行っていました。「マル」「テン」「カイギョウ」と実際に話すと変換してくれます。このSiriでの癖がなかなか抜けません(^^;)

Google での音声入力の場合、パソコンのキーボードに手を置いたままにして、「。」「、」「改行」 だけはキーボードで操作します。

3.細かい部分の手直しはキーボード

細かい部分の手直しはキーボード入力の方が便利です。 例えばブログを書く場合、Google ドキュメントで入力した文をコピーして、キーボードで手直しをします。

Googleドキュメントを用いた音声入力は、ブログの下書き用だと考えた方がよいでしょう。

まとめ

Google音声入力はかなり便利です!もっと早く使えるようにしておけばよかった。

  • 早口で喋っても、わりと正確に入力をしてくれます!
  • 小さめの声でも音を拾ってくれます。
  • 英数字についても例えば、「グーグル」と 言うだけで、勝手に「 Google」 に変換してくれます。

無料なのにかなり使えそうです。

Google の音声入力については、 Web 上で丁寧な説明がたくさん見つかります。是非、参考にしてみてください。

もっと本格的な音声入力方法も試していきたいです。

こちらの記事もおすすめ!