ガジェット

【家電】エラー9で修理メンテナンスに出したルンバ885が帰ってきた

修理メンテナンスに出していたルンバ885が帰ってきた!

ある時からエラー9で止まってしまうことが何度もあったルンバ。ホームページ等にあった解決法をいくつも試してみたのですが、エラーが解消されることはなく、今回修理メンテンナンスに出すことにしました。

詳細はこちら【家電】ルンバ885を修理に出したらいくらかかる?どんなに頑張っても解決できなかったエラー9

修理は「定額メンテナンスパック」での修理点検という形式で、料金は送料込みで24300円と高額でした。代引きで宅配業者の方に料金を支払います。

 

この定額メンテナンスパックには

「エッジクリーニングブラシ」「エアロフォースエクストラクター」「フィルター」の新品への交換に加えて、不具合箇所の修理・交換と内部のクリーニングが含まれています。

早速、戻ってきたルンバの箱を開けてると

丁寧に梱包されていました。すべての部品がビニール袋に入っており、ルンバ本体がきれいにクリーニングされていました。新品とまではいかないまでも、とてもきれいで、傷だらけだったバンパーも見違えるほどです。

中には、メンテナンスをしてもらったルンバの他に、「作業完了報告書」が入っていました。

定額メンテナンスパックで「標準交換品」となっていたもの以外に「88x基盤ユニット」が交換となっていました。予想通り、基盤がダメになっていたようです。

この基盤はAmazonで検索すると9000円ぐらいするものです。

もう一枚、「製品を末永くご愛用いただくために」という用紙も入っていました。それぞれの部位について、お手入れの状態が「十分お手入れができています。」「もう少しお手入れをお願いいたします。」の2段階でチェックされていました。

自分の場合

「十分お手入れができています」・・・5箇所

「もう少しお手入れをお願いします」・・・3箇所

で今後は「ダスト容器フィルター」「段差センサー」「光ゴミせんさー」の3箇所のお手入れに気をつけていかなければならないことが分かりました。おまけで、取扱説明書のQRコードもありましたのでエバーノートに保存しておきました!

ルンバを動かしてみると今までと全く動きが違います!

今までは、まっすぐ進まずにぐるぐる回っていたり、ときどき止まって考え込んでいる様子がありました。修理後はそんな症状はなく、効率よく掃除が進んでいきます。気持ちがいいです!

修理でよみがえったルンバ。

早速、タイマーをセットして毎日の掃除を頑張ってもらっています。

我が家の掃除担当の主役として大活躍のルンバ。今後も末永く頑張ってほしいです。

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!