家電

【おしゃれ】ダイソンの掃除機スタンドRIN【組み立ての様子を公開】

ダイソン掃除機を買ったけれど収納が困る。
壁に穴を開けるのは嫌だから、おしゃれなスタンドはないかな?

こんな悩みを解決します。

先日、ダイソンのコードレス掃除機V6を購入しました。

購入後にとても迷ったのがその収納方法。いろいろと検討した結果山崎実業の「RIN」というスタンドを購入することに決めました。

本記事では、ダイソン掃除機スタンド購入にいたるまでに考えたこと、クリーナースタンド「RIN」の組み立ての様子、「RIN」のメリット・デメリットについて解説していきます。

✔︎本記事の内容

◆ダイソン掃除機のスタンド購入した理由

◆「RIN」の開封と組み立て公開

◆「RIN」のメリット・デメリット

ダイソンのコードレス掃除機V6を購入してから半年以上、収納について決められないできました。

その間、ダイソンは部屋に出しっぱなし。

先日、ようやくクリーナースタンドの購入を決意しました。

それでは、私がなぜクリーナースタンドを購入したのか、そしてクリーナースタンド「RIN」のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

ダイソン掃除機V6のスタンドを購入した理由

半年以上ダイソンV6は出しっぱなし

何ヶ月か前にコードレスクリーナーのダイソンV6を購入しました。

このダイソンV6は吸引力もあり、現在は我が家の2階で使っています。

普通の掃除の他、布団やシーツのほこりやダニを吸い取る目的で使うことが多いです。

このダイソン掃除機V6は、価格が安いわりに性能も良く気に入っているのですが、困るのがその置き場所。

付属の「収納ブラケット」は充電用コードも収納でき、ダイソンを引っ掛けて収納すると同時に充電も可能になる便利なものなのですが、壁に穴を開けなければなりません。

我が家は新築してまだ5年も経っていないため、壁に穴を開けるのは抵抗があります。

▲ダイソン設置場所はここ

 

さらに、穴を開けるとなるとダイソン掃除機の収納場所をずっと変えられないことになってしまいます。

かといって、ダイソン専用スタンドを買うとごちゃごちゃしてしまう。

収納場所を決められないまま、ダイソンを出しっぱなしにしてしまう日々が続きました。

自分の気持ちを整理した結果、スタンド購入を決意

賃貸住宅などで壁に穴を開けられない場合や、壁に下地がない場合は、スタンド購入という選択がすぐにできたでしょう。

しかし、我が家の場合は持ち家で、ダイソンを収納したい場所の壁に下地もあります。

直接壁に穴をあけようか、それともスタンドを購入するか、迷う日々が続きました。

「さすがに、ダイソン掃除機を出しっぱなしはまずい。早く決めないと。」

そこで、自分の気持ちを整理してみました。

・新築の家の壁に穴をあけるのはやっぱり抵抗がある。

・もしかしたら、ダイソン掃除機の収納を別の場所に変えたくなるかもしれない。

・ずっとダイソン掃除機を使い続けるかどうかはわからない。

ダイソンの収納ブラケットを壁に直接ねじ込めば確かにすっきりします。

しかし、私の中では上記のような気持ちの方が強かったため、スタンド購入を決意します。

ダイソン掃除機スタンド「RIN」の開封と組み立て公開

山崎実業の「RIN」を購入した理由

ダイソン掃除機スタンドは様々なものがありました。

できるだけ、ごちゃごちゃしないですっきりしたものを探していた結果、山崎実業のコードレスクリーナースタンド「RIN」という商品を購入しました!

▲山崎実業のクリーナースタンド「RIN」

 


この商品に決めた理由

・木目調でおしゃれ

・ダイソン付属ツールは背面に隠して収納可能

・充電ケーブルが隠れる

最初は、次の商品にしようと思っていましたが、収納する付属品をできるだけ隠したかったため、「RIN」にしました。
最後の最後まで迷いましたが。

「RIN 」の定価は9900円とやや高めですが、10%OFFやポイント還元をしているところが多いです。

私は楽天で購入しましたが、キャンペーンのおかげで2000ポイントくらいもらうことができました。

クリーナースタンド「RIN」の開封と組み立て

「RIN」が届きました!

▲スタンドクリーナーRINが届く

 

段ボールに「RIN」の写真が貼られています。

さっそく中身を確認です。

▲RINの部品

 

本体部分は意外とスリムだなあと感じました。

裏返してみると、ダイソン掃除機の付属品を引っ掛けられるようになっています。

▲RINの裏面

 

説明書にしたがって組み立てていきます。

付属の六角レンチのみで組み立てられます。ドライバー不要。

まずは、土台に本体を取り付けます。

▲土台に本体をつける

 

ネジは左右2本ずつ。六角レンチで取り付けます。ちょっとやりにくい部分もありました。

▲2枚の板をつなぐ

 

続いて、2枚の本体をつなぎます。ここでもネジ4本です。

最後に、ダイソン本体に付属していた「収納ブラケット」を取り付けます。

▲収納ブラケットの取り付け

 

コードを通してから、ネジを取り付けます。

私はコードを通すのを忘れ、一度やり直しました(笑)

▲コードを通す穴も分かりやすい

 

本体の裏面は滑り止め(傷防止)もついています。

▲底面には滑り止めもついています

ネジを目立たなくするためのシールも付属していました。

▲ネジを隠すためのシールを貼る

 

これで完成です!

▲ダイソンスタンド完成

 

作業時間はおよそ10分くらい。

結構簡単でした!

「RIN」のメリットとデメリット

半年以上、部屋に置きっぱなしだったダイソンV6の収納がようやくできあがりました。

ここでは「RIN」を実際に組み立ててみて分かったメリットとデメリットをご紹介します。

この「RIN」のよかった点は見た目がすっきりしていておしゃれなところです。
壁に穴を開けずに済んだことも大きなメリットでした。

RINのメリット

・木目調なのでおしゃれ
・シンプルでスリム
・電源コードを後ろに隠せる
・付属品を裏側に隠して収納可
・壁に穴を開けずに済んだ

とても良い商品でしたが、設置してみてわかったデメリットも明らかになりました。

RINのデメリット

・ダイソン脱着時に多少揺れる
・裏側の付属品は取り出しにくい
・壁に直接つけるよりもやや圧迫感がある

本体はわりと重さがありしっかりしていますが、ダイソン掃除機を脱着する際に多少揺れます。

付属品を本体の裏側に収納しているため、取り出しにくくなっています。

でも、慣れれば全然気になりません!

まとめ

半年間、迷った末にダイソン掃除機の収納スタンド「RIN]を購入しました。

このスタンドのおかげでダイソンをすっきりとおしゃれに収納することができました。

部屋もすっきり。いい感じです!

ダイソンの掃除機スタンドについてはDIYで自作するすごい方もいらっしゃいますが、今回ご紹介した「RIN」は約10分の作業で、木目の美しいスタンドが出来上がります。

ダイソン掃除機スタンドについては様々な商品がありますので、いろいろと検討してみてください。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!