書評

【書評】自分を最高値で売る方法(小林正弥) 自分の本当の価値を見つけ、3か月で月収100万円を突破するメソッド

時給900円から1億円プレーヤになったという小林正弥さん。小林さんの著書「億を稼ぐ勉強法」を読んで、もっと具体的なノウハウを知りたい思いネットで「自分を最高値で売る方法」を購入しました。

本書には、本業で結果を出して稼ぎ、結果の出し方を教えて稼ぐ「ダブルインカムの手法」について詳しく書かれています。「億を稼ぐ勉強法」よりさらに具体的に「ゼロから3ヵ月で月100万円稼ぐ」ためのステップも紹介されていて読みごたえがありました。それではさっそく、この本から得られた3つの気付きを紹介していきます。

1.自分を高額商品化する!

自分を「商品」と見立てて、世の中に新しい価値を生み出し、活躍する人材になっていこう、というのが本書の提案である

自分を「商品化」する!

いままでの私にはこの発想がほとんどありませんでした。

活躍する人とそうでない人の差は、「求められる仕事だけをやっているのか」「自ら価値を生み出す仕事をやっているのか」の違いだといえます。

私自身、雇われている身として、やらなければならない仕事はきちんとやる、その中で自分なりの価値を生み出していくということはしてきたつもりです。しかし、明確に自分自身を「商品化」し、顧客を成功へ導くというマインドは確立されていませんでした。小林さんがおっしゃっているように、時給・月給で報酬を得ていると、どうしても価値を生み出す!という本気度が弱まります。私はまさに今この状態です。

ではどうしたら自分の商品価値は高まるのか?

それには、「価値を提供できなければ一銭も入らない」くらいの真剣勝負に身をおくことだそうです。そのためにも、会社に勤めながらも、価値で報酬を受け取るもう一本の柱をもつことをすすめています。いますぐ会社を辞めなさいというような単純な話でなくてほっとしていますが、もう一本の柱に本気で取り組んでいく真剣さは絶対必要になってくると思います。

キーワードは「教育化」

まず本業で結果を出し、そこで培った職業的な知恵を体系化し、他の顧客に教えることで第二の収益とするのだ。

これがいわゆる「教育化」というメソッドです。

小林さんがこの「教育化」というメソッドを使って実際に収益化を支援したジャンルは

「英語、速読、起業、マーケティング、スピリチュアル・心理学、写真、メイクアップ、ネイルアート、パーソナルカラー、恋愛、出版、コンサルティング、WEB集客、店舗集客、営業、経営、事業継承、コミュニケーション、英国刺繍、コーチング、カウンセリング、お金の教育、不動産投資、ダイエット、筋トレ、ボイトレ、自己啓発、目標達成、研修講師、ライター、情報誌、組織開発、学習塾、家庭教師、社会保険労務士、行政書士、ネットショップ、婚活、介護福祉、貿易仲介、卸業、セキュリティ、Youtuber、占い」

と驚くほど多岐にわたっています。これだけあれば、「本業でしている仕事としてあてはまるものがある」という方も多いのではないでしょうか。

自分自身の本業で教育化し、自分を高額商品化するステップとは

①本業で圧倒的な結果を出す

・自分で「こういう結果を出す」と決め、KPI(重要業績評価指標)を定め、最速で結果を出す。

・結果の出し方は結果を出した人に教えてもらう。コツは「タダ働き」(これは億を稼ぐ勉強法でも強調されていました)

②他の顧客に教える

・圧倒的な結果を出したら、それを学びたい人に教えダブルインカムを得る

というものになります。とても分かりやすい方法ですね。

2.3か月あれば、誰でも専門家になれる!

では、自分の本業で「圧倒的な結果を出す」にはどうしたらよいのでしょうか?「ある分野で専門家になるには1万時間必要」というような話もありますよね。1万時間というと1日9時間で3年かかります。雲をつかむような話に聞こえてしまいます。

しかし、小林さんは「3ヵ月あれば、あなたも専門家になれる」と希望を与えてくれます。

小林さんの「専門家の定義」は

「知識を使ってクライアントに結果を出させる人」

だそうです。世の中で一般的に「専門家」といわれている方たちは、知識も経験も勉強量も半端ないイメージがありますが、「クライアントに結果を出させることができる人」という定義なら到達できそうな気がしませんか?

この「専門家」になるためには「①体系的な知識」「②クライアントに結果を出させるスキル」の2つを習得できればよく、それは3ヵ月で可能だということです!そしてすごいのは、

①体系的な知識の習得 =「すでに世の中にある専門知識の編集作業」

②クライアントに結果を出させるスキル =「PDCAサイクル」

とまとめてくださったことです。納得!

難しく考えず、すでにある専門知識を「編集」して体系的な知識を身につければいいし、結果を出せるスキルは、ビジネス・語学・ダイエット、すべてに共通しているPDCAのスキルだと考えることで、頭の中がすっきりしました!すばらしいです。

専門家といっても、常に学び続けていく必要があります。顧客と一緒に成長をしていけばいいと小林さんんはおっしゃっています。

「自分に売れる価値がなくても、世の中の知識・情報を編集すれば、プログラムは作れる」

というナポレオン・ヒル博士のモデルが紹介されており、共感できました。以前「思考は現実化する」という本を読んで衝撃をうけました。金銭的な報酬がまったくない仕事を20年続けられるか?との問いかけに29秒で決断し、様々な出会いを経て成功を手に入れるナポレオンヒルのエピソードは強烈に印象に残っています。まさに、ナポレオンヒルのように学んでいけばいいのですね。

3.ゼロから3ヵ月で月100万円稼ぐ6つのステップ

この章が本書のメインディッシュになります。本書がすばらしいのは、3ヵ月で月100万円稼ぐためには、何をすればよいのかが具体的に示されている点です。

STEP1 3ヵ月以内に月100万円稼ぐと決める

STEP2 あなたの本当の価値を見つける

STEP3 圧倒的に売れるカスタマーサクセス・コンセプトを作る

STEP4 自分を高額商品にする

STEP5 高確率で自分商品を売る

STEP6 毎月100万円以上稼ぐ、長期継続の仕組みを作る

詳細は本書をお読みいただきたいと思いますが、これらのSTEPの中で特に重要だと思ったのがSTEP3の「カスタマーサクセス・コンセプトを作る」というものです。小林さんも

月100万円突破できるかどうかは、コンセプトで決まる。コンセプトがよければ、ポーンと100万円を超えるし、コンセプトが悪ければ、どんなに頑張っても難しい。それくらいコンセプトは重要だ。

と言い切っています。コンセプトは、聞いた人が「それいくら?どうやって買うの?」と前のめりになるものでなければ売れないそうです。

本書にはカスタマー・コンセプトを作成するためのワークシートも用意されていて読者が行動を起こせるような作りになっています。記入例もあり非常に分かりやすく、しかもワクワクしてきます。コンセプトに加えて「カスタマーサクセス・ストーリー」の重要性も示されています。ワークシートも準備されいて、このストーリーは顧客の心を動かす大きな原動力になると実感できました。

私は、生徒の面接指導の際、必ず話すことがあります。それは「面接官はあなたの経験や具体的なエピソードに心を動かされるんだよ。その経験によってあなたはどう変わったかということを話そうね。」ということです。自分のビフォーアフターです。

私自身もこのワークシート「カスタマーサクセスストーリー」の中の「あなたのビフォーアフターの話」について、ノートに箇条書きにしてみました!過去を振り返って自分が変われたことを思い出すと、自信にもつながるし何より楽しいですよ。

 

本書には著者の小林正弥さんが経験してきたことや実践していることがぎっしり詰まっており、読者が実際に動き出せるような仕組みも組み込まれています。ぜひ購入して読んでみてください。

「自分を最高値で売る方法」おすすめです!

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!