家電

【ライフハック】神家電「ルンバ」を効果的に使う方法。この使い方で生活が激変した!

およそ3年ほど前、家を新築した際に購入した超便利家電ルンバ。

このルンバとても便利で、複雑な形のリビングを綺麗に掃除してくれます!

ルンバが来る前までは、 普通の掃除機を利用していましたが、これがかなり重労働。コードを引き延ばし、汗だくになりながら掃除をしていました。コンセントも3回ぐらい付け替えてないと全ての場所を掃除することができませんでした。

以前のルンバの使い方

せっかくルンバを購入したのですが、つい最近まで、このルンバを使うのは週に1~2回程度。ルンバを使っていない数日間は、床に埃が溜まりっぱなしです。

主に、外出する時に使用していて、その都度スタートボタンを押すといった使い方をしていました。

どうせならもっとルンバをフルに活用して、家の中をキレイな状態に保ちたい。あることをきっかけに、ルンバの使い方に変化が現れました。そしてそのことで、生活習慣まで激変したのです!

生活習慣を激変させるルンバの使い方

生活習慣を激変させた、ルンバの使い方。

それは「スケジュール機能」を使うことです!

 

なんだ単純なことじゃないか、と思われるかもしれませんが、このスケジュール機能を使うことで様々な効果が表れ、生活習慣まで変化したのです。

実際にはルンバのスケジュール機能を使って、ルンバに毎日掃除をしてもらうことにしました。毎日です!セット時間は夜の11時半。すると次のような変化が現れました。

1. ルンバが動き出す前に部屋の中を片付けるようになった

ルンバは床に物があると効率よく仕事をしてくれません。

ルンバが始動する前までに、床に置いてあるものはすべて片付ける必要があります。ダイニングの椅子も机の上にあげます。こんな感じです。

普段は面倒くさくて床に物が置きっぱなしで眠りにつくこともあったのですが、このスケジュール機能を使い始めたことによって、就寝前、床に何もない状態を作ることが可能になりました。

2.11時半には就寝する習慣がついた

もう一つの大きな変化は、就寝時間が早くなったということです。

11時半にルンバが動きだすので、それ以降はリビングでくつろぐ気分にはなれません。それゆえ、11時半までに寝る準備をしなければならなくなりました。

今までは夜いつまでもダラダラしていて、気がつけば夜の12時半を過ぎていたということもありましたが、このスケジュール機能のおかげで11時半過ぎにはベッドに入るという習慣が身につきました!

妻も「このスケジュール機能いい!」と絶賛しています。

3.朝起きた時にきれいな部屋で過ごすことができる

夜、寝てる間にスケジュールでルンバに掃除をしてもらうので、朝の部屋の中はとてもきれいです。

朝起きた際、床には物が置いてないし、ほこりもありません。このため、起きた時の気分が全然違います!とても気持ちのよい朝を迎えることができます。

ルンバのスケジュール機能を使う。たったこれだけのことですが、我が家の生活習慣が激変しました。「習慣化」する方法を考えることの大切さを実感しました。

スケジュール機能の使い方

ちなみにルンバ885でのスケジュールのセット方法は簡単です。

まず右から2番目のボタン「SCHEDULE」をを押します。するとボタンの機能が左から「DAY」「HOUR」「MINUTE」「OK]に変わります。

稼働させたい日を「DAY]で選択し、稼働させたい時間を「HOUR」と「MINUTE」で決めてOKボタンを押すだけです。15分単位で設定が可能です。

 

最近発売されているスマホと連動できるルンバでしたらスマホでもっと簡単にスケジュール管理ができると思います。

おすすめはあくまでも「毎日」「同じ時間に」設定することです。

まとめ

ルンバのスケジュール機能を使うだけで、生活が激変しました。

毎日同じ時間にルンバが動くということが頭にインプットされ、そのために勝手に体が動くようになりました。たったこれだけのことで、こんなに変わるなら、使わない手はありません。

是非皆さんもスケジュール機能を使った習慣化を試してみてほしいと思います。スケジュール機能がない場合でも、別の方法で習慣化を検討してみましょう。

今回はルンバでのお話でしたが、ルンバ以外でも色々なところで応用できるかなと思っています。

こちらの記事もおすすめ!