ホットクック

【ホットクック】野菜たっぷり「ポトフ」は手間なしで簡単!おすすめメニュー

今回はシャープの無水調理鍋「ホットクック」を使って「野菜たっぷりポトフ」に挑戦しました。

あまりの簡単さに驚きました!

実を言うと、料理がほとんどできなかった自分が「ポトフ」を作るなんて夢にも思いませんでした。

しかし、ホットクックを購入して以来、少しずつですが色々なものを作っています!これも驚きです。

 

ホットクックは昨年の7月に購入しました。

購入した機種はこちら

1.6Lタイプで色は白。キッチン周りはやはり白が好み!

2.4Lと迷ったのですが、子どもがまだ小さいのと、置き場のことを考えて小さめのタイプにしました。使っていて現在までのところ、とくに支障はありません。

それでは「ホットクック」をつかった「野菜たっぷりポトフ」の作り方をご紹介します!

「作り方」といっても切った具材を入れてスイッチを押すだけですが・・・

それでは、さっそく始めましょう。

【作り方】野菜たっぷりポトフ

4人分を目安に以下の材料を用意します。

実際にはスープ皿に6杯くらいになりました。

【材料】

  • じゃがいも 1~2個
  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 1本
  • キャベツ 300g(1/3玉くらい)
  • エリンギ 1本
  • ウィンナー 6~8本
  • 水 500㎖
  • コンソメ2個(大さじ1弱)
  • 塩・こしょう 少々

 

▲ポトフの材料

 

じゃがいもは大きかったので1個。

にんじんは子どもが嫌いなので全部は使っていません。

キャベツはもう少し足しました。

 

▲無塩せきのウィンナー

 

ウィンナーは無塩せきのものを使用しました。見た目がちょっとイマイチになりますが、健康のことを考えてこのタイプに。

ウィンナーはどんな種類でも構いません。

【調理方法】

材料を切って、ホットクックに入れ、ボタンを押すだけ!

かかる手間はこの切る作業のみです。

1.材料を切る

  • じゃがいも → 乱切り
  • にんじん → 乱切り
  • たまねぎ → くし切り
  • キャベツ → 食べやすい大きさに
  • エリンギ → 薄く切る
▲野菜を切る

 

▲キャベツは食べやすい大きさに

 

じゃがいもは大きめの方が「ほくほく」して美味しいです。にんじんは子どもが嫌いなので、もう少し小さく切ればよかったかなと思っています。

ウィンナーは味が出るように半分に切りましたが、切らない方が見た目がいいと思います。

2.材料を内鍋に入れる

内鍋に切った野菜、水、コンソメ、ウィンナーを入れます。

塩とコショウは少しだけ入れました。

▲キャベツとウィンナーしか見えませんね

 

3.調理スタート

あとはボタンを押すだけです。

まぜ技ユニットは必要ありません。

メニューを選ぶ → メニュー番号で探す → No.013(ポトフ)

→ 調理を開始する → スタート

調理時間は65分

長いように感じるかもしれませんが、ボタンを押したらあとは「ほっとく」だけなので簡単です!

ホットクックが最適な温度管理をしてくれるので美味しくできあがります。

ホットクックでつくった野菜たっぷりポトフは絶品!

できあがりです!

▲ポトフのできあがり

 

▲軽く混ぜ合わせます

 

お皿に盛りつけます

 

▲おいしいポトフの出来上がり!

 

味付けが心配でしたが、一口食べてみると「おいしい!」

コンソメをたくさん入れたのでしっかりと味がついていました。コンソメは大さじ1弱入れましたが、もう少し少なくても大丈夫でした。

キャベツや玉ねぎは完全に柔らかくなっていていい感じです。

じゃがいもも適度なやわらかさで、ほくほくです。

ポトフをつくるときの注意点

・じゃがいもは大きめが美味しい

・にんじんが苦手な子どもがいる場合は、小さめにカット。

・コショウの入れすぎに注意

・コンソメと塩のバランスは要研究

ホットクックが温度管理をしっかりとしてくれるおかげで、具材の味が生かされ、火加減もばっちりでした。

まさか、料理ができない自分がポトフを作れるとは思いませんでした!

ホットクックなら具材を切ってボタンを押すだけなので、だれでも簡単に作ることができます。

最近はこんなスリムなタイプも発売されています。

1~2人分を作るのに最適ですね!

 

簡単で手軽に利用できるホットクック。おすすめです。

これからもどんどん利用していきます!

こちらの記事もおすすめ!