ホットクック

【これ最高!】ホットックでつくるバターチキンカレーが簡単でおいしすぎる!

おいしいバターチキンカレーを簡単につくりたい!

バターチキンカレーって手間がかからない?

子どもを喜ばせる料理を手軽に作りたい!

こんな悩みを解決します。

バターチキンカレーと聞くと、なんだか手間がかかりそうな気がしますよね。

カレー粉を何種類も入れたり、鶏肉をヨーグルトにつけ込んだり・・・。

でも、そんな面倒な作業は一切不要!

ホットクックを使えば、簡単でめちゃくちゃおいしいバターチキンカレーが作れるんです

本記事でご紹介するバターチキンカレーの特徴は以下のとおりです

✔︎とにかくおいしい!

✔︎だれでも簡単!

✔︎作業7分!(頑張れば)

✔︎市販のカレールーとパプリカパウダーで本場の味に!

✔︎無水調理!

ホットクックの購入を検討している方は【2022最新】ヘルシオホットクックの選び方とおすすめ5機種【全11機種を徹底比較】をご覧ください。機能の違いや選び方を詳しく解説しています!

それでは、ホットクックを使ったおいしいバターチキンカレーの作り方をご紹介していきます!

【作り方】ホットクックで「バターチキンカレー」を作ろう!

4人分を目安にしたレシピです。

【材料】

✔︎基本の材料

  • 鶏もも肉 400g
  • たまねぎ 1個半
  • にんにく 2かけ
  • カットトマト 250g
  • カレールー 3個
  • 生クリーム 100ml
  • パプリカパウダー 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • バター 40g
  • パセリ 適量(お好みで)

 

▲バターチキンカレーの材料(パプリカパウダー転がる)

 

・市販のカレールーでおいしいバターチキンカレーができます。

今回は「バーモントカレー中辛」を使用。

・鶏もも肉は唐揚げ用のカットされたものが便利!

・玉ねぎは大きかったので今回は1個にしました。

※ヨーグルトは使いません!

【調理】

✔︎調理の流れ

「たまねぎ・にんにくをみじん切り」

→「材料をホットクックの内鍋に入れる」

→ 「ホットクックのボタンを押す」

これだけです!

1.材料を切る

「たまねぎ」と「にんにく」をみじん切りにします。

やっぱりフードプロセッサーが便利です!

【玉ねぎ】

▲玉ねぎをフードプロセッサーに入る大きさに切る

 

【にんにく】

▲にんにくを半分くらいに切る

 

【たまねぎ・にんにくをフードプロセッサーに】

▲フードプロセッサーは時短調理にかかせない

 

▲フードプロセッサーでこのくらいに

 

【鶏もも肉】

鶏もも肉を食べやすい大きさに切ります。

▲鶏もも肉を食べやすい大きさに切る

 

鶏もも肉の皮を包丁で切るのは大変なので、キッチンバサミを使うのがおすすめです!

わが家のキッチンバサミは分解できるタイプ。使ったら食洗機にいれるだけで便利です。

↑最近では、バネ式で鶏肉の骨まで切れるキッチンバサミがあるそうです(分解可能!)

▲バターは40g

 

バターは切る必要はないと思います。なんとなく切ってみただけです。

※トッピングでパセリを使う場合はみじん切りにしておきましょう

2.具材と調味料をホットクックの内鍋に入れる

具材と調味料をホットクックの内鍋に入れます。

▲内鍋にどんどん入れていきます

 

▲生クリームとパプリカパウダーが味の決め手

 

▲最後に鶏もも肉を入れる

 

 

▲まぜ技ユニットと取り付けます

 

3.ホットクックのメニューから「ビーフカレー」を選びスタート

あとはホットクックのメニューから「ビーフカレー」を選び、スタートボタンを押します。

まぜ技ユニットを忘れないようにしましょう!

メニューを選ぶ

→ メニュー番号で探す

→ No.063(ビーフカレー)

→ 調理を開始する → スタート

▲ビーフカレーを選択

 

ホットクックの稼働時間は45分です。

「チキンと野菜のカレー(無水)」で調理してもいいですが、「ビーフカレー」で十分おいしくできあがりますのでご安心ください!

「チキンと野菜のカレー」で調理すると稼働時間は65分かかります。

さてあとは、ホットクックにおまかせです!

ホットクックで作る「バターチキンカレー」の出来上がり!

出来上がりです!

▲ホットクックでつくるバターチキンカレーの完成!

 

よくまぜあわせておきましょう。

お好みでパセリをトッピングします。

生クリームを少し入れると雰囲気がでますよ!

▲お皿に盛り付けます

 

ランチョンマットを引いて気分を盛り上げてみました♪

▲ナンによくあうバターチキンカレー

 

パン屋さんで買ってきたナンといっしょにいただきます!

わが家ではセブンプレミアムの「もちもち食感のナン」もよく購入します。

「おいしい!」を連呼しまくりです。

本当においしくて、子どもたちも大喜びでした!

ホットクックでおいしい「バターチキンカレー」を作るコツ

最後にホットクックで「バターチキンカレー」を作るコツをあげておきます。

①鶏肉はもも肉がおすすめ!

②にんにくの入れすぎに注意!

順番に説明します。

①豚肉はもも肉がおすすめ!

鶏肉は胸肉をつかうケースも多いと思いますが、子どもに人気なのはやっぱり「鶏もも肉」です。

「鶏もも肉」と「ホットクック」の相性がよく、ジューシーで美味しく仕上がります。

唐揚げ用にカットされた鶏もも肉の場合は、半分くらいの大きさに切るとちょうどいい感じです!

②にんにくの入れすぎに注意!

ホットクック調理では「肉、にんにく、バター」を一緒に炒める工程がありません。

このため、にんにくを入れすぎると、思ったよりにんにくの風味が強く出ます。

4人分の場合、通常はにんにくを3かけくらい使うと思いますが、ホットクック調理の場合は2かけ程度が適量です。

2かけ程度でも、にんにくの風味がしっかりと出てきます!

まとめ

今回はホットクックを使った「バターチキンカレー」の作り方をご紹介しました。

ホットクックを使えば、簡単に、おいしいバターチキンカレーをつくることができます!

✔︎とにかくおいしい!

✔︎作業7分!(頑張れば)

✔︎市販のカレールーとパプリカパウダーで本場の味に!

鶏肉をヨーグルトに漬け込む作業も不要ですし、カレー粉がなくても大丈夫。

しかも、子どもが喜ぶこと間違いなしです!

手間もかからず、おいしくて、ホント最高ですね。

 

やっぱりホットクックはすごい。

ホットクックの購入を検討している方は【最新】ホットクックの選び方5ステップ!全11機種を徹底比較しますをご覧ください。機能の違いや選び方を詳しく解説しています!

みなさんもぜひホットクックを使った料理にたくさんチャレンジしてみてください。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【参考】我が家で愛用しているホットクック1.6L

2.4Lのホットクックもスリムになりました!

こちらの記事もおすすめ!