ホットクック

【豆腐がくずれない】ホットクックで麻婆豆腐が作れます!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

調理の手間を劇的に減らしてくれる革命的なシャープの家電「ヘルシオ ホットクック」。

今回はホットクックを使った「麻婆豆腐無」の作り方をご紹介します。

麻婆豆腐をホットクックだと、かき混ぜたときに豆腐が崩れてしまわないか心配になりますよね。

でもそんな心配は無用。

ホットクックの機能を使えば、豆腐が崩れることなくおいしい麻婆豆腐を作ることができますよ!

放っておくだけでホットクックが調理してくれるので手間いらずで簡単です。

それでは、ホットクックを使った”麻婆豆腐”の作り方をご紹介していきます!

 

ちなみに、ホットクックはスープやカレー、煮込み系の調理が大得意!とてもおいしくできます。以下は本ブログの人気記事です。

【子どもが絶賛!】ホットクックで作るにんじんのポタージュが大成功! こんな悩みを解決します。 にんじんにはβ-カロテンなどのビタミン類、カリウムなどのミネラル類、食物繊維が豊富に...
ホットクックでつくる「白菜のとろとろ中華スープ」は野菜の旨味が引き出される! そんなときにおすすめなのが、今回ご紹介する「白菜のとろとろ中華スープ」です。 4人前つくると白菜1/4程度を使えるし、餃子...
【簡単!おいしい!】ホットクックで作るスペアリブの煮込みが最高だった 調理の手間を劇的に減らしてくれる革命的なシャープの家電「ヘルシオ ホットクック」。 購入以来、いろいろな料理に挑戦していま...

 

【参考】 我が家で使用しているホットクックはこちら。

▲わが家のホットクックとヘルシオ

コンパクトで白色なのが気に入ってます。隣にあるのは、同じくシャープのホットクックオーブンヘルシオ。

経済評論家である勝間和代さんの「ロジカル家事」に影響をうけて、思い切って買いそろえました。

 


こちらの本もおすすめです

 

【作り方】ホットクックで「麻婆豆腐」を作ろう!

4人前を目安にしたレシピです。

【材料】

✔︎基本の材料

  • 豆腐(木綿) 1丁
  • 豚ひき肉 150g
  • ねぎ 1/2本
  • しょうが 1/2かけ

✔︎調味料

  • 豆板醬 小さじ2
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • 酒 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • 味噌 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 水 75cc
▲麻婆豆腐の材料

 

お好みでしょうがは1かけ全部を使ってもいいでしょう。

豆腐多めがお好みの方は思い切って2丁使ってしまうのもあり!

【調理】

1.ねぎと豆腐を切る

【ねぎをみじん切り】

まずはねぎ1/2本をみじん切りにします。

今回は細いねぎだったので2/3くらい使いました。

▲ねぎをみじん切りにする

 

【豆腐をさいころ状に切る】

続いて、豆腐をさいころ状にカットします。

高さを半分にして、写真のように4×6くらいにしました。

やや小さめだったかもしれません。

▲豆腐をさいころ状に切る

2.具材と調味料をホットクック の内鍋に入れ、ひき肉をほぐす

あとは具材と調味料を入れるだけです。

ただしホットクック調理ではひき肉が固まりやすいので、ねぎと豚ひき肉を内鍋に入れたあと「酒」「ごま油」「水」などを加えてかき混ぜておきます。

ひき肉をよくほぐしておきましょう。

ひき肉をほぐす

 

あとは、残りの調味料と豆腐を入れ、しょうがをすりおろします。

片栗粉は水で溶いて入れます。ここで増える水の量は計算済みなので大丈夫です!

念のため調味料をもう一度載せておきます。

  • 豆板醬 小さじ2
  • 鶏がらスープの素 小さじ2
  • 酒 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 片栗粉 大さじ1
  • 味噌 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ2/3
  • しょうゆ 小さじ2/3
  • 水 75cc
  • しょうがすりおろし

 

▲ホットクックの内鍋に具材と調味料を入れる

 

豆腐を入れたあと後に調味料を入れたほうがいいです。

3.調理スタート「麻婆豆腐」を検索

今回、まぜ技ユニットが必要です。

豆腐はほとんど崩れませんのでご心配なく。

メニュー番号343で検索をすると麻婆豆腐のメニューを選択できるようになります。

↑無線LAN接続が必要です。

※無線LANが使えない場合は「さばの味噌煮」で調理できます。水と調味料を少し付け足してまぜ技なしで調理します。

メニューを選ぶ

→ メニュー番号で探すNo.343

→ 検索

→ 麻婆豆腐

→ 調理を開始する → スタート

▲メニュー番号343を入力して決定を押す
▲麻婆豆腐を検索できました
▲調理時間は約20分

 

スタートキーを押せば、あとは「ほっとく」だけ。簡単!

ホットクックの稼働時間は20分です。

ホットクックで作った「麻婆豆腐」の出来上がり!

出来上がりです!

色味もよくておいしそうです。

▲麻婆豆腐の出来上がり

 

まぜ技ユニットを使いましたが、ご覧の通り豆腐がほとんんど崩れていません!

味を全体になじませるため、軽く混ぜ合わせておきましょう。

▲麻婆豆腐をお皿に盛りつける

 

味がよくしみ込んでいておいしいです!

すこしだけ、ひき肉が固まっていたので、菜ばしでほぐしました。

ホットクックで麻婆豆腐をつくるとやや濃いめになる傾向がありますので、調味料の入れすぎには注意しましょう。

ホットクックで”麻婆豆腐”を作るときの注意点

①ひき肉が固まりやすいので、調理前によくほぐしておく

②味が濃くなりやすいので注意

ホットクックのメニュー「麻婆豆腐」を選択すると、まぜ技ユニットである程度かき混ぜをしてくれますが、ひき肉はどうしても固まりやすい傾向があります。

おそらく、豆腐が崩れないようにかき混ぜを調整しているのではないかと思います。

したがって、ひき肉が固まるのを防ぐために、まずは調理前によくほぐしておきましょう。

ゴマ油や水を加えてからほぐすとよいでしょう。

ひき肉を事前にほぐしておいても、多少は固まります。ここは仕方がないので、調理後に菜ばしなどでもう一度ほぐしておきましょう。

また、ホットクックで麻婆豆腐をつくると肉の味が濃いめになります。調味料はやや控えめにすることをおすすめします。

まとめ

今回はホットクックを使った”麻婆豆腐”の作り方をご紹介しました。

無線LANを使うことで、麻婆豆腐のメニューを選択することができます。

このメニューを使うと、豆腐が崩れすぎない程度にある程度かき混ぜもしてくれます。

※無線LANがなくても「さばの味噌煮」または「煮物、まぜない」のメニューでも麻婆豆腐はつくれます。

やっぱりホットクックはすごい!

みなさんもぜひホットクックを使った料理にたくさんチャレンジしてみてください!

我が家で愛用しているホットクック1.6L

置き場があれば大きめのホットクックの方が便利

数学・統計学
シグマ先生
数学講師/Udemyベストセラー講師/数学の苦手を治します/塾・予備校・高校講師歴20数年/分かりやすい解説/偏差値40から65へ/数学検定対策/数学で困っている人の役に立ちたい

妻・子供2人と4人暮らし。週末はキャンプやスキー、温泉旅行などアクティブに活動中/数学検定1級
こちらの記事もおすすめ!