勉強法

【書評】効率的超勉強法(メンタリストDaiGo)想起編

こんにちは!

今回はメンタリストDaiGoさんの著書「超効率勉強法」の「想起」についてご紹介します。

DaiGo式勉強法の土台となっているのが「想起」「再言語化」で、本書ではこの「想起」の重要性が解説されています。

想起とは「思い出すこと」です。

「う~ん。なんだっけなあ?」といった具体に、必要な情報を思い出そうとがんばるほど、脳は良い方向に強化されていきます。

ちなみに、本書の冒頭部分にある「やってはいけない!7つの勉強法」はインパクトがりました。次の記事もご覧ください。

【読書】やってはいけない!7つの勉強法 先生に教わった方法を鵜吞みにしてはいけない理由

想起の章でのポイントは3つです

  1. クイズ化
  2. 分散学習
  3. チャンク化

それでは、「想起」に関する3つの方法を、順番にご紹介していきます。

クイズ化

覚えたい内容をクイズにして、自分の記憶度をテストしていく方法です。

心理学の世界では「検索練習」と呼ばれる手法で、テキストの再読とらべて、およそ50~70%も記憶の定着率が上がるほどの効果が確認されています。

方法1 ミニテスト化

本やテキストをページ読んだら、本をいったん閉じて、そこに何が書いてあったが思い出す方法です。

  • 本を1ページ読む
  • いったん本を閉じる
  • 何が書いてあったか思い出す

思い出すのは、おもに興味をひかれた場所です。

私も、本を読むときよくやっていますが、意外と難しいです。

「いま読んだところなのに、思い出せない!」となることが結構ありますが、頑張ってみましょう。脳が鍛えられている!という感じになります。

想起の回数は多いほど記憶に残りやすいそうです。

1ページごとのクイズ化、かなり大きな効果が期待できます!

方法2 クイズ化ノート術

方法1のミニテスト化をノートをとるときにも使う方法です。

  • まとめたい場所を読む
  • いったんテキストを閉じる
  • 何が書いてあったか思い出しながらノートに書きだす
    ※iPhoneのボイスメモに入れても効果的

ポイントは、「テキストを閉じてからノートに書き出す」というところです。

テキストを見ながら、ノートをとっても効果はあまりありません。

大変ですが、チャレンジしてみましょう。

方法3 自分でテスト問題を作る

「テスト」も代表的なクイズ化の例だそうです。

学習の成果をあげたいのなら、テストは毎日のように行うべきものです。

テストを日常化させるためにオススメの勉強法が「自分でテストの問題を作る」というものです。進め方は以下の通りです。

  • 覚えたい個所を読む
  • いんたん本を閉じる
  • 覚えたい情報を思い出しながらクイズに変換

具体的に問題は次の用意作っていきます

  1. ノートに問題の答えを書く
  2. 答えを折って隠し、折り返した部分に問題を書く

自分で問題をつくるのは究極の勉強法です。内容理解も深まりますし、細部まで記憶に残りやすくなります。

マインドマップを使った方法もおすすめです。iThoughtsというアプリに、覚えたいことを入力していきます。私もこのアプリをダウンロードしていましたが、思ったよりも使いやすいです。

答えを書いた枝は隠すことができ、タップすれば解答が表示されます。

子供にも問題を作らせてみましょう。

分散学習

分散学習とは「復習の間隔を少しずつ伸ばすテクニック」のことです。

情報が脳に落ち着くまでには、必ず一定の時間が必要です。特定の間隔をつくりながら、少しずつ脳に情報を送ることで、記憶に残りやすくしていきます。

ポイントは「忘れかけたタイミングで思い出す」です。

2×2のルール

2×2とは復習のインターバルのことで、2日後、2週間後、2ヶ月後に復習をしていくというものです。

  • 復習1回目 2日後
  • 復習2回目 2週間後
  • 復習3回目 2か月後

覚えやすい方法で、復習も3回ですみます。

私も今、この方法を試しています。

ウォズニアックの方法

研究者のピョートル・ウォズニアックが考え出したインターバル復習法です。
ウォズニアックの方法は過去の膨大なデータをもとに考え出されたもので、現時点でもっとも制度が高い方法です。きちんと記録して復習を実行できる場合はこちらがお勧めです。

  • 復習1回目 1~2日後
  • 復習2回目 7日後
  • 復習3回目 16日後
  • 復習4回目 35日後
  • 復習5回目 62日後

1~2日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後とざっくり覚えてもいいでしょう。

 

私たちの脳は、いったん頭に入れた情報を忘れないと、使える知識が身につきません。物事を学ぶこととは忘れることでもあったのです!

チャンク化

チャンクとは「意味のあるかたまり」のことです

バラバラの情報を何らかの法則にもとづいてグループにまとめ、頭に残りやすくする方法です。

例えば

◆「食事」「運動」「瞑想」「○○」「△△」・・・とたくさんある情報を

「不安対策」・・・「食事」「運動」「瞑想」の3つにまとめる。

◆長い情報、例えば電話番号などの数字の列を「3つ」「4つ」「4つ」というかたまりに再構成する。

といったもので、この「チャンク化」は私たちの記憶行為を助けてくれます。これといった区切りのないデータに自分なりの「枠組み」を定め、頭に残りやすくするのが基本的な使い方です。

それでは、具体的な方法を3つご紹介します。

情報の優先度をつける

英単語を覚えるときに、覚える優先順位をつけるだけで頭に入りやすくなります。

私も、本を読むときに「大事な箇所ベスト3」を意識して読むようにしています。この読み方に代えてから、本の内容が頭に入りやすくなりました!

本を読んでいるとどうしても、「ここも大事、ここも大事」となって、覚えておきたいところが10か所も20箇所もでてきてしまう。

ところが、本を読み終えて「さてどんな内容が書いてあったのかな?」と思い出そうとすると、一つも思い出せない!という悲劇を経験してきました。

どんなことでも優先順位をつける。おすすめです。

セットで覚える

数学なら「定理」と「証明」とセットで覚える。1つの解法と別解をセットで覚える。公式と問題をセットで覚える。といった方法です。

「いろいろなことを一緒に覚えるのは大変」という意見があるかもしれませんが、むしろ、「情報はたくさんある方がむしろ覚えやすい」というのが私の感覚です。

様々な情報がつながったときに記憶は強化されます。

関連のある内容をセットで覚えるを繰り返していくと、記憶の定着スピードが上がっていきます。

マインドマップでオリジナルチャンクをつくる

バラバラな情報を、線でつないでいく方法です。具体的には次のように進めていきます。

  • 覚えたい内容を、かたっぱしからマインドマップに配置する
  • できあがったマインドマップを定期的にながめる
  • 情報につながりが見えたら、その2つをつなげる

マインドマップは手書きでもかまいませんし、今ではスマホで簡単に使えるアプリもあります。

とにかく、覚えたい情報を「図式化」していくことが重要です。

本を読んだら、そのムック版(雑誌のような大判サイズの図版が多い本)にしていく作業にも近いと思います。

まとめ

今回は、メンタリストDaiGoさんの「超効率勉強法」の「想起」についてご紹介してきました。

この想起こそが勉強法の一番の柱です。みなさんも「思い出す作業をどこかに組み込んで」勉強を効率化していきましょう!

今回はご紹介しませんでしたが、本書には分散学習から派生した「インターリービング」という学習法も紹介されています。

1つの分野を徹底的に勉強していく方法より、いくつかの分野組み合わせた方が上達しやすいというデータもあるので驚きです。

是非、本書を熟読して「効果的な勉強法」を学んでいきましょう!

こちらの記事もおすすめ!