ホットクック

【作業時間5分】ホットクックでつくる「じゃがいものポタージュスープ」は濃厚な味わい!

こんにちは。

今回は、ホットクックでつくる「じゃがいものポタージュ」の作り方をご紹介します。

材料は「じゃがいも」「たまねぎ」「牛乳」「コンソメ」「塩」のみ!!

作業時間は約5分です!!(頑張れば)

ホットクックを使えば、簡単に、しかもお店で味わえるようなポタージュスープを作ることができますよ。

絶品です!

ちなみに今回、牛乳を半分だけ豆乳に代えた健康志向のポタージュにしてみました!

それでは、さっそく作り方を見ていきましょう。

【子どもが絶賛!】ホットクックで作るにんじんのポタージュが大成功! こんな悩みを解決します。 にんじんにはβ-カロテンなどのビタミン類、カリウムなどのミネラル類、食物繊維が豊富に...
【無限点ゲット!】ホットクックでつくるきのこのポタージュが大成功! こんな悩みを解決します。 きのこにはビタミンBやビタミンDが多く含まれ、食物繊維も豊富な健康食です。 ...

【作り方】じゃがいものポタージュスープ

4人前を目安につくります。

次のようなやや小さめのスープ皿だと6杯分ぐらいできます。

▲このスープ皿に6杯分をつくります

 

【材料】

4人前

  • じゃがいも 2個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 牛乳 100㎖
  • 豆乳 100㎖
  • 水 200㎖
  • コンソメ 小さじ1弱
  • 塩少々

これだけです!

▲じゃがいもポタージュの材料

 

通常は牛乳200㎖ですが、今回は牛乳100㎖・豆乳100㎖にしてみました。

(追記)牛乳200㎖も試してみましたが、牛乳の甘みが出ておいしいです!

豆乳は無調整のものを使用します。

▲豆乳をミックス!

 

【調理方法】

材料を切って、ホットクックに入れ、ボタンを押すだけです!

1.材料を切る

  • じゃがいも → 1〜2cmくらいの大きさに切る
  • たまねぎ → 横薄切りにする

【じゃがいも】

▲じゃがいもは2cmの角切りに

 

【たまねぎ】

たまねぎは、加熱してで溶けるように、繊維が分断される方向に薄めに切りましょう。

▲たまねぎは横薄切り

 

このくらいの太さなら、ホットクックで調理するとほぼどろどろに溶けてくれます。

2.材料をホットクックの内鍋に入れる

次に、ホットクックの内鍋に、切ったじゃがいもと玉ねぎ、水200㎖、コンソメ小さじ1弱、塩少々を入れます。

今回はコンソメも入れるので、塩は1〜2つまみで大丈夫です!

経済評論家である勝間和代さんが推奨する「全体量の0.6%の塩を入れる」だと、今回のじゃがいもポタージュスープの場合味が濃くなりすぎます。

実は「塩を1つまみ入れてあとで調整しよう」と思っていたのですが、調整の必要はありませんでした。充分に味がついています。

塩だけも試してみましたが、子どもはコンソメを入れた方が好みでした。

 

▲材料をホットクックの内鍋に入れる

 

ただし、かぼちゃのポタージュはコンソメなしでも「ホテル」で味わうような味になりました

【絶品】ホットクックでつくる「かぼちゃのポタージュスープ」はホテルの味!

牛乳はまだ入れません!

牛乳と豆乳は約35分後にホットクックに呼ばれてから入れましょう。

 

3.まぜ技ユニットをセットし調理スタート

まぜ技ユニットをセットして、調理をスタートします。

 

メニューを選ぶ

→ メニュー番号で探す

→ No.011(じゃがいものポタージュ)

→ 調理を開始する → スタート

 

調理時間は約40分です。

ボタンを押したらあとは「ほっとく」だけ。

簡単です!

この間、メインの料理を作ったり、洗い物をして時間を有効に使うことが可能です。

4.牛乳と豆乳を追加

調理を開始して約35分後くらいに、追加の具材をいれてるように、ホットクックに呼ばれます。

ホットクックに呼ばれたら、牛乳と豆乳を追加します!

牛乳と豆乳を追加したら、残り約5分で出来上がります。

ホットクックでつくったじゃがいものポタージュは濃厚でおいしい!

できあがりです!

▲じゃがいもポタージュの出来上がり

 

やや水分量が少なめに感じました。ドロッとした感じです。

「かぼちゃのポタージュ」のときと比べると、具材はほとんど溶けていました。

▲濃厚でおいしいじゃがいものポタージュ

 

やや濃いめですが、濃厚でコクのあるおいしい「じゃがいものポタージュスープ」ができあがりました。

子供たちもおいしそうに食べてくれました!

じゃがいものポタージュをつくるときの注意点

・玉ねぎは横薄切り

・コンソメを入れるなら塩は1〜2つまみでOK

・牛乳や豆乳は後から入れる

玉ねぎはしっかりと溶けるように、繊維を切る方向に薄くスライスしましょう。

また、コンソメは結構味が濃いので、コンソメを入れる場合、味を引き締める塩は1〜2つまみ程度で十分です。我が家は1つまみ。

牛乳(豆乳)はホットクックに「食材を追加してください」と呼ばれてから入れましょう。

最初から牛乳(豆乳)を入れると風味がそこなわれてしまいます。

まとめ

今回はホットクックでつくる「じゃがいものポタージュ」の作り方をご紹介しました。

ホットクックで作るじゃがいものポタージュはとてもおすすめです!

我が家でも結構な割合でつくっています。っs

ホットクックを使えば、手軽に作ることができて、おいしくできるので最高ですね!

しかも実質の作業時間は5分(頑張れば)

ホットクックが温度管理をしっかりとしてくれるおかげで、具材の味がしっかりと活かされている感じがします。

簡単で手軽に利用できるホットクック。

すばらしいです!

ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!