ホットクック

【作業時間5分】ホットクックでつくる「じゃがいものポタージュスープ」は濃厚な味わい!

こんにちは。

今回は、ホットクックでつくる「じゃがいものポタージュ」の作り方をご紹介します。

材料は「じゃがいも」「たまねぎ」「牛乳」「コンソメ」「塩」のみ!!

作業時間は約5分です!!

ホットクックをつかえば簡単に、しかもお店で味わえるようなポタージュスープを作ることができますよ。絶品です!

ちなみに今回、牛乳を半分だけ豆乳に代えた健康志向のポタージュにしてみました!

それでは、さっそく始めましょう。

【作り方】かぼちゃのポタージュスープ

次のようなスープ皿に、4杯分ぐらいの量を目安につくります。

▲スープ皿に4杯分をつくります

 

【材料】

  • じゃがいも 2個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 牛乳 100㎖
  • 豆乳 100㎖
  • 水 200㎖
  • コンソメ 小さじ1弱
  • 塩少々

これだけです!

▲じゃがいもポタージュの材料

 

通常は牛乳200㎖ですが、今回は牛乳100㎖・豆乳100㎖にしてみました。

豆乳は無調整のものを使用します。

▲豆乳をミックス!

 

【調理方法】

材料を切って、ホットクックに入れ、ボタンを押すだけです!

1.材料を切る

  • じゃがいも → 1~2cmくらいの大きさに切る
  • たまねぎ → 横薄切りにする

たまねぎは、溶けきるように、繊維が分断される方向に切りましょう。

▲じゃがいもは2cmの角切りに

 

▲たまねぎは横薄切り

 

このくらいの大きさでも、ホットクックならほぼどろどろに溶けてしまいます。

2.材料を内鍋に入れる

内鍋に、切ったじゃがいもと玉ねぎ、水200㎖、コンソメ小さじ1弱、塩少々を入れます。

塩は一つまみで大丈夫です!

勝間和代さん方式の「全体量の0.6%の塩を入れる」だと、今回のじゃがいもポタージュスープの場合味が濃くなりすぎます。

今回は「塩を一つまみ入れてあとで調整しよう」と思っていたのですが、調整の必要はありませんでした。充分に味がついています。

おそらくコンソメを入れてたためでしょう。

 

▲内鍋に材料を入れる

 

かぼちゃのポタージュはコンソメなしでも「ホテル」で味わうような味になりました↓

【絶品】ホットクックでつくる「かぼちゃのポタージュスープ」はホテルの味!

じゃがいものポタージュも次回はコンソメなしで試してみたいです。

★牛乳と豆乳は約35分後にホットクックに呼ばれてから入れます!

 

3.まぜ技ユニットをセットし調理スタート

まぜ技ユニットをセットして、調理をスタートします。

 

メニューを選ぶ

→ メニュー番号で探す

→ No.011(じゃがいものポタージュ)

→ 調理を開始する → スタート

 

調理時間は約40分です。

ボタンを押したらあとは「ほっとく」だけ。簡単です!

 

4.牛乳と豆乳を追加

調理を開始して約35分後くらいに、追加の具材をいれてるように、ホットクックに呼ばれます。

牛乳と豆乳はホットクックに呼ばれてから入れましょう!

ふたをして残り約5分で出来上がりです。

ホットクックでつくったじゃがいものポタージュは濃厚でおいしい!

できあがりです!

▲じゃがいもポタージュの出来上がり

 

やや水分量が少なめに感じました。ドロッとした感じです。

「かぼちゃのポタージュ」のときと比べると、具材はほとんど溶けていました。

▲濃厚でおいしいじゃがいものポタージュ

 

やや濃いめですが、濃厚でコクのあるおいしい「じゃがいものポタージュスープ」ができあがりました。

子供たちもおいしそうに食べてくれました!

じゃがいものポタージュをつくるときの注意点

・玉ねぎは横薄切り

・コンソメを入れるなら塩は一つまみ

・牛乳や豆乳は後から入れる

このじゃがいものポタージュはおすすめです!

手軽に作ることができて、おいしくできます。実質の作業時間は5分!

ホットクックが温度管理をしっかりとしてくれるおかげで、具材の味がしっかりと活かされている感じがします。

簡単で手軽に利用できるホットクック。最高です!

もっともっと使いこなしていきたいです。

こちらの記事もおすすめ!