ホットクック

ホットクックでつくる「具だくさんみそ汁」が美味しすぎる

本日は、無水調理鍋ホットクックを使って「具だくさんみそ汁」を作ってみます。

みそ汁くらいだったら、普通の鍋を使った方が早いでしょ?

と思われる方も多いと思いますが、ホットクックでみそ汁をつくると次のようなメリットがあります!

●最初に具材と味噌を入れてスイッチを押すだけ!
●具材のうまみが引き出される。だしをとる必要なし!
●いつもより濃厚でおいしいみそ汁ができる!

みそ汁をホットクックで作って、「時短&おいしいみそ汁」を体験してみませんか?

それでは、さっそく「具だくさんみそ汁の作り方」をご紹介していきます。

【材料】

  • 厚揚げや豆腐など味の出るもの
  • 野菜やきのこ
  • 味噌

これだけです!今回は具材として次のものを入れてみました。

  • 厚揚げ
  • 白菜
  • 大根
  • ネギ
  • ニンジン

【調理方法】

材料を切って、ホットクックに入れ、味噌を加えてボタンを押すだけです!

1.材料を切って内鍋に入れる

普通の鍋でみそ汁を作る場合と同じです。

すべての具材を食べやすい大きさに切って、内鍋に入れます。

▲野菜やきのこ等を切る
▲ホットクックの内鍋に具材を入れる

 

2.水を加える

内鍋に具材を入れた後は、水を入れます。

水の量は、水と具材の比が1:1になるくらい入れます。入れすぎに注意しましょう!

水分がよく出る具材の場合は、水をもう少し少なめにします。具材の水分を生かすようにすると濃厚でおいしいみそ汁に仕上がります。

3.味噌を加える

味噌は、全分量の5%を入れます。例えば、具材と水の合計が1000gだった場合は、50gの味噌をいれるとよいです。このあたりの、塩分濃度については、経済評論家の勝間和代さんの著書「ロジカル家事」や「食事ハック」に詳しく書かれています。

我が家は減塩に取り組んでいますので、この分量よりさらに減らしています。

4.まぜ技ユニットをセットし調理スタート

まぜ技ユニットをセットして、調理をスタートします。

メニューを選ぶ → カテゴリーで選ぶ → スープ → 具だくさんみそ汁

→ 調理を開始する → スタート

調理時間は25分です。

ボタンを押したらあとは「ほっとく」だけ。簡単です!

ホットクックでつくった「具だくさんみそ汁」の味は?

できあがりです!

▲具だくさんみそ汁の出来上がり!

 

ふたを開ける際は、蒸気が出てきますのでやけどに注意しましょう。

盛り付けてみます。

▲具だくさんみそ汁(減塩)

 

今回は、味噌の量を3%弱くらいまで減らしたので、ちょっと薄味すぎました。でも、野菜や厚揚げのだしがしっかり出ていて、おいしいです!!

何度か、この具だくさんみそ汁を作ってみましたが、具材の旨味が出て濃厚です。

鍋料理をした後の、スープのような感じです。

子供たちもおいしそうに食べてくれました。

具だくさんみそ汁をつくるときの注意点

●玉ねぎやサツマイモを入れると甘めの全く違い味になる

●キャベツを入れると全く違う味になる

●厚揚げや豆腐など味の出るものを入れる

●水の入れすぎに注意

この「具だくさん味噌汁」はどこかで飲んだことがあるような、濃厚な味がします。

しかも、だしを取る必要がない!

ホットクックが具材の旨味を引き出してくれるからです。

鍋料理をすると、具材の旨味が出てくるのと同じイメージです。

ホットクックは、このようなスープ系が本当に得意ですよ!

簡単で手軽に利用できるホットクック。

もっともっと使いこなしていきたいです。

こちらの記事もおすすめ!