ホットクック

【無限点ゲット!】ホットクックでつくるきのこのポタージュが大成功!

ホットクックできのこのポタージュはどうやって作るの?

おいしい「きのこのポタージュスープ」を作りたい!

こんな悩みを解決します。

 

きのこにはビタミンBやビタミンDが多く含まれ、食物繊維も豊富な健康食です。

きのこの効能
  • 便秘解消
  • 美肌効果
  • 生活習慣病の予防
  • アンチエイジング効果
  • 免疫力アップ
  • コレステロールの除去
  • 疲労回復

きのこの種類によって違いはありますが、さまざまな効能があり、毎日の食卓に積極的に取り入れたい食品の一つです。


今回、ホットクックを使って「きのこのポタージュスープ」を作ってみました。

これが期待以上の美味しさ!

子どもたちにも絶賛で、きのこが嫌いな下の子からは「めっちゃおいしい!」「無限点!」という嬉しい言葉をいただきました!

ホットクックを使えば簡単に調理できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは、ホットクックでつくる「きのこのポタージュ」の作り方をご紹介していきます。

ホットクック でつくる「きのこのポタージュ」の作り方

4人分ぐらいを目安につくりました。

ホットクック の稼働時間は45分です。

【材料】

  • きのこ 約300g
  • たまねぎ 1個
  • コンソメ 1個
  • 牛乳 200ml
  • 水 200ml
  • 塩 2つまみ

これだけです!

きのこはなんでもOK!

今回は「マッシュルーム100g、しめじ100g、しいたけ60g」にしました。

 

▲きのこのポタージュの主な材料

 

たまねぎは甘みが出ておいしいので、やや多めの1個。

牛乳も、子どもが飲むことを意識して、やや多めにしてあります。

【調理方法】

調理の流れは以下の通りです。

「具材をホットクックで調理 → ミキサーにかける → 牛乳を入れてホットクック で仕上げ」

きのこはホットクックで溶けないので、ミキサーにかけるひと手間が必要です。

このひと手間でおいしいきのこのポタージュが出来上がります!

1.きのことたまねぎを小さめに切る

きのことたまねぎを小さめに切ります。

最終的にはミキサーにかけるので、神経質になる必要はありません。

 

【マッシュルーム】

マッシュルームの軸はやわらかいので、軸も使います。

軸の先の汚れた部分だけ落としておきます。

▲マッシュルームをは軸の先だけ落とす

 

▲マッシュルームを細かく切る

 

【しいたけ】

しいたけの軸はかたいかなと思ったので、取り除きました。もちろん入れてもOK!

しいたけは味が濃いので主張しすぎないように、他のきのこより少なめにします。

▲しいたけの軸は取り除く

 

▲しいたけを細かく切る

 

【しめじ】

しめじは6歳の子どもに、手で細かく割いてもらいました。

きのこを割くだけなら、包丁を使わないので安心して子どもに任せられます!

▲しめじを割く

 

結構楽しかったようで、集中してやってくれました!

料理のお手伝いは教育効果「大」です。

 

【たまねぎ】

たまねぎは繊維を断つ方向に切ります。

今回は、さらに細かくしてしまいました。

▲たまねぎは繊維を断つ方向に切る

 

包丁はよく研いで、斜めに押し付けないようにすると、涙が出にくくなります。

2.切ったきのことたまねぎを内鍋に入れ、水・コンソメ・塩を加えてホットクックで調理

切ったきのことたまねぎをホットクックの内鍋に入れます。

ここに

  • 水200ml
  • コンソメ 1個
  • 塩 2つまみ

を入れます。

我が家は薄味が好みなので、最近は塩は1つまみにしています。

コンソメを入れるので十分塩気があります。

※牛乳はまだ入れませんので注意してください!

▲切った具材と水・コンソメ・塩を内鍋に入れる

 

塩は経済評論家の勝間和代さんおすすめ「わじまの岩塩」を使っています。おいしいですよ!

「まぜ枝ユニット」を取り付けて、ボタンを押します。

「きのこのポタージュ」というメニューはないので、代わりに「じゃがいものポタージュ」で調理します。

 

メニューを選ぶ

→ メニュー番号で探す

→ No.011(じゃがいものポタージュ)

→ 調理を開始する → スタート

調理を開始して40分後くらい(終了6分前)に、追加の具材を入れるように、ホットクックに呼ばれます。

それまではホットクックにおまかせです。楽ちん!

3.追加の具材を入れるように呼ばれたら、具材をミキサーにかける

調理を開始して40分ぐらいで「追加の具材を入れてください」とホットクックに呼ばれたら、具材を一度ミキサーにかけます。

▲約40分後の様子

 

ホットクックで40分調理しても、きのこはドロドロになりません。

これを一度ミキサーにかけます。

ハンドブレンダーをお持ちなら、内鍋に具材をいれたまま使えるので便利です。

▲一度ミキサーに入れる

 

▲ミキサーはティファール製

 

ペースト状になります

 

ちなみに、ミキサーはティファール製です。以前使っていた高性能のものから買い替えました。

シンプルな作りなのでお手入れが簡単でおすすめです!

 

ペースト状になったものを、再び内鍋に戻し、牛乳を200ml加えます。

▲ペースト状になった具材を再び内鍋に戻す

 

▲牛乳を加える

 

牛乳を加えたら、ホットクックの決定ボタンを押します。

すると、残りあと6分の表示が画面上に出ました。

▲牛乳を加えてから約6分で完成!

 

※便利そうなのでブレンダーを購入しようか検討中。アマゾンで安くて評価が高かったものがこちらです↓

ホットクック でつくる「きのこのポタージュ」の完成!

できあがりです!

▲きのこのポタージュ完成!

 

スープ皿に盛り付けてみます。

▲きのこのポタージュ。濃厚な色味が出ています。

 

美味しそうなきのこのポタージュが完成しました。

作り始めたのが遅かったため、家族が夕飯を食べ終わったころに完成。

お腹いっぱいでしたが、このスープなら何杯でもいけそうなほど美味しくできました!

 

きのこ嫌いの子どもも、「うまい!」「めっちゃおいしい!」と大絶賛!

「このきのこのポタージュは何点?」と子どもにたずねてみると、親指を上に立てて「無限点!」と言ってくれました。

3種類のきのこがとてもいい味を出し、濃厚でおいしいスープになりました。

きのこのポタージュをつくる際の注意点

最後にホットクックでにんじんのポタージュをつくる際の注意点をあげておきます。

① きのこは複数の種類を入れる

② 塩は少量にしておく

③ 子ども向けの場合、たまねぎと牛乳を多めにする

① きのこは複数の種類を入れる

きのこは何でもいいと思いますが、ぜひ複数の種類を入れることをおすすめします!

色々なきのこの味がミックスされて、より深い味わいのスープに仕上がります。

特にマッシュルームはいい味が出ますので、加えておきたいきのこの一つです。

ブラウンマッシュルームだともっと味が濃いめになります。

今回はマッシュルーム、しいたけ、しめじを入れましたが、これ以外にも、エリンギやエノキなどもおすすめです。

② 塩は少量にしておく

今回ご紹介したレシビ通りできのこのポタージュを作る場合、塩は少なめにしておくことをおすすめします。

調味料としてコンソメを1個入れていており、これだけでも十分味が出るからです。

したがって、塩は2つまみ程度までがおすすめです。

我が家では薄味が好みなので、塩は1つまみぐらいがベスト。

妻からは「コンソメを入れるときは塩なしでもいい」と言われています。

③ 子ども向けの場合、たまねぎと牛乳を多めにする

今回つくったきのこのポタージュは、子どもが食べることを考え、たまねぎと牛乳を多めにしました。

  • たまねぎは1個
  • 牛乳は200ml

ホットクックの場合、たまねぎを多めに入れると、その甘さが引き立ちます!

また、牛乳も他のレシピより多めにすることで、子どもでも食べやすい美味しいポタージュスープが出来上がりました。

逆に「しっかりときのこの味を味わいたい」場合は、玉ねぎと牛乳の量を抑えてみてください。

まとめ

今回、ホットクックを用いて「きのこのポタージュ」を作りました。

ホットクックが絶妙の火加減で調理してくれるので、たまねぎの甘みときのこのだしがよく出て、とてもおいしく出来上がりました。

切って、ミキサーにかける作業以外は、ホットクックにお任せなので簡単です!

調理の手間を軽減してくれる、便利な家電「ホットクック」

お持ちでない方はぜひ購入を検討してみてください。

ホットクック2台持ちをする人も増えているようですよ!

こちらの記事もおすすめ!