ホットクック

【ホットクックで超簡単】作業5分でOK「つゆだく豚丼」の作り方 

調理の手間を劇的に減らしてくれる革命的なシャープの家電「ヘルシオ ホットクック」。

購入以来、本当に助かっています!

今回はホットクックを使った「つゆだく豚丼」の作り方をご紹介します。

 

ちなみに牛肉を使った「つゆだく牛丼」の作り方も以下の記事でご紹介していますので、よろしければこちらもご覧ください。

【ホットクックで超簡単!】作業5分で作る「つゆだく牛丼」がおいしすぎる 調理の手間を劇的に減らしてくれる革命的なシャープの家電「ヘルシオ ホットクック」。 購入以来、いろいろな料理に挑戦しています!...

 

ホットクックで作るポタージュスープも最高です!

よろしければ以下の記事もぜひご覧ください。

【子どもが絶賛!】ホットクックで作るにんじんのポタージュが大成功! こんな悩みを解決します。 にんじんにはβ-カロテンなどのビタミン類、カリウムなどのミネラル類、食物繊維が豊富に...
【無限点ゲット!】ホットクックでつくるきのこのポタージュが大成功! こんな悩みを解決します。 きのこにはビタミンBやビタミンDが多く含まれ、食物繊維も豊富な健康食です。 ...
【絶品】ホットクックでつくる「かぼちゃのポタージュスープ」はホテルの味!こんにちは。 今回は、ホットクックでつくる「絶品かぼちゃスープ」の作り方をご紹介します。 材料は「かぼちゃ」「たまねぎ」「牛...

今回ご紹介する「つゆだく豚丼」の作業時間は約5分!(頑張れば)

あとは放っておくだけでホットクックが調理してくれるので時間のない時に特におすすめです。

それでは、おいしい”つゆだく豚丼”の作り方をご紹介していきます。

 

【参考】 私が使用しているホットクック はこちらです。

 

 


経済評論家である勝間和代さんの「ロジカル家事」「食事ハック」に影響をうけて、思い切って購入を決めました。

 

ヘルシオウォーターオーブンを購入したときの記事はこちらです。

ヘルシオウォーターオーブンを2ヶ月使用した感想【開封の儀】 先日、シャープの高機能オーブンレンジ「ヘルシオウォータ―オーブン」を購入しました! 今回は、ヘルシオウォーターオーブン「開...

【作り方】つゆだく豚丼は超簡単!ホットクック最高!

4人前を目安にしたレシピです(大人2人,子ども2人分)

【材料】

✔︎基本の材料

  • 豚バラ肉 350g
  • 玉ねぎ 1個
  • しょうが 少々(お好みで)
  • 紅しょうが 少々(お好みで)

✔︎調味料

  • しょうゆ 大さじ2.5
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 水 100ml

これだけです!

▲つゆだく豚丼の材料

 

基本は豚肉と玉ねぎ。

ここに、しょうがを少しだけ入れると、とてもいい感じに仕上がります!

ただし、入れすぎすと「豚肉のしょうが焼き」に近い味になるので注意しましょう。

我が家は薄味が好みなので、4人分でも調味料はこの程度です。

【調理】

1.材料を切る

  • 豚肉 →大きめの場合は食べやすい大きさに切る
  • 玉ねぎ →5mmぐらいのくし切りに
  • しょうが →みじん切り(入れすぎ注意)

 

我が家では玉ねぎをたっぷり使います。

切り方は通常よりもやや薄め。

 

ホットクックを使うと、玉ねぎの甘みが強く出て美味しく仕上がります!

▲玉ねぎは多めが好みです

 

豚肉は冷凍でも大丈夫ですが、しっかり解凍させてほぐしておくことをおすすめします。

※今回は冷凍しておいた肉を解凍して調理

▲豚肉を食べやすい大きさに切る

 

しょうがを少しだけ入れるのがおいしさのコツです。入れすぎ注意!

▲しょうがをみじん切り

 

2.具材と調味料をホットクックの内鍋に入れる

切った具材と調味料をホットクックの内鍋に入れます。

▲豚肉が一番上になるように入れる

 

玉ねぎが下、豚肉が上になるように入れましょう。

ちなみに、豚肉はしっかりとほぐしておいた方がいいです!

内鍋に入れる段階でほぐしておかないと、仕上がったときに「かたまり」になってしまいます。

(今回は時短を意識してほぐす工程を省略してしました。ちょっと後悔。)

3.調理スタート 豚丼だけど「さばの味噌煮コース」を選択

今回、まぜ枝ユニットは不要です

メニューを選ぶ

→ カテゴリーで探す

→ 煮物

→ 魚介

→ さばのみそ煮

→ 調理を開始する → スタート

▲さばのみそ煮を選択(間違いではないです)

 

私が所有するホットクックには「牛丼」や「豚丼」のメニューがないので、「さばのみそ煮」を選択します。全然問題ないのでご安心ください。

※次の本を参考にさせていただきました。

あとはスタートキーを押して「ほっとく」だけ。簡単です!

頑張れば作業時間5分も可能ですよ!

ホトクックの稼働時間は約20分でした。

この間、片付けをしたり、子どもの相手をしたりと時間を有効に使えますね。

ホットクックで作った「つゆだく豚丼」の出来上がり!

出来上がりです!

肉がダマになっている場合がはほぐしておきます。

味が全体に馴染むように、よく混ぜ合わせておきましょう。

▲肉をほぐして全体を混ぜ合わせておく

 

あったかいご飯の上に豚丼を盛り付けます。

▲つゆだく豚丼の出来上がり!

 

以前タコ焼きを作った時に、細かく切った「紅しょうが」が残っていたので、今回はそれを使いました。

「つゆだく豚丼」なので、つゆも入れます。

つゆが苦手な人は無理に入れなくても大丈夫ですが、このつゆがおいしいんです!

ホットクックに全部おまかせでしたが、味の染み込んだおいしい豚丼ができあがりました!

ホットクックで「つゆだく豚丼」を作るときの注意点

ホットクックがほどよい火加減でおいしく調理してくれますが、以下の点に注意しましょう。

①豚肉は固まらないように、ほぐしてから内鍋に入れる。

②しょうがの入れすぎに注意

③つゆだくが嫌な場合は無水も可能

ホットクック の場合、豚肉がだんご状に固まりやすいので、内鍋に入れるときにしっかりとほぐしておく必要があります。

冷凍の肉も使えますが、固まってしまいますので、なるべく事前に解凍して、ほぐしておくことをおすすめします。

大きめの肉は、食べやすい大きさにあらかじめ切っておきましょう。

しょうがは味付けのポイントになるので、ぜひチューブでないものを使っていただきたいです。

ただし、入れすぎると「生姜焼き」になりますので注意しましょう。

つゆだくが苦手な場合は、玉ねぎを多めにして無水調理も可能です!

まとめ

今回は「つゆだく豚丼」の作り方をご紹介しました。

ホットクックを使えば、簡単に、お金をかけることなくおいしい豚丼ができますよ。

ホットクック調理の最大の利点は、材料を切って内鍋に入れボタンを押すだけという手軽さ。

キッチンにずっといて火加減を見ている必要がないということは、想像以上に快適です!

しかも、おいしく仕上がるので本当に嬉しい限りです。

やっぱりホットクックは最高!

 

みなさんもぜひホットクックを使った料理にたくさんチャレンジしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

我が家で愛用しているホットクックは1.6Lの白です↓

置き場があれば大きめのホットクックの方が便利かな〜と最近感じています↓

 

【自炊の手間を減らす別の方法はこちら】
オイシックスおためしセットはこちら↓

 

 

▲オイシックスお試しの中身
【オイシックス】おためしセットの内容・調理の様子すべてをご紹介【63枚の画像あり】こんにちは。家事の効率化を目指している「あ、いいね!」の管理人です。 先日【オイシクス】のお試しセットを初めて注文してみました! 本...

 

こちらの記事もおすすめ!