書評

【書評】ゼロ・リセット マジック(Kenji著)〜ゼロに戻せばうまういく〜

・頑張っているけれど現実を変えられない

・夢をあきらめられない

・現実を好転させたい

そんな悩みを解決してくれるのが本書『ゼロ・リセット マジック』です。

著者はYouTubeで2つのチャンネル「Kenji Spirit」「Kenji Tarot」を運営している現実創造研究家のKenjiさん。

私はYouTubeチャンネル「Kenji Spirit」に出会って感動し、毎日のようにKenjiさんの動画を見てきました。

書籍の出版が決定したとの情報を得てすぐに注文!

Kenjiさんは、YouTubeでも本書でも「心地よさを大切に過ごすこと」「ゼロ(本来の元気)に戻ること」を、色々な話題を交えて解説してくれます。

とても分かりやすく、多くの方に読んでいただきたいおすすめの本です。

私自身、本書に書かれていることを実践しはじめてから、現実が好転してきているのを日々実感しています。

もう感謝しかありません!

それでは、私が本書で得た3つの気づきをご紹介してきます。

【書評】2億4000万円の大赤字を「引き寄せ」で何とかしました!【引き寄せの実体験】 そんな悩みを解決してくれる本があります。西山公人さんの著書『2億4000万円の大赤字を「引き寄せ」で何とかしました!』です。 ...
【引き寄せの法則】30冊以上の本を読んでたどり着いた一冊「日本人こそ、宇宙にお願いすればいい」 こんな悩みを解決したい人におすすめの本が出版されました。 吉岡純子さんの「日本人こそ、宇宙にお願いすればいい。」で...

一旦、頑張るのをやめる

頑張ってもうまくいかない理由

「今の現実を変えたい。だから変えるために頑張る」という発想をしている限り、あなたは現実を変えられません。

「現実を変えたい」と思うことは、「現実はうまくいってない」と思っているということです。

「現実を変えたい」=「現実はうまくいってない」

「現実を変えたい」と必死に頑張っている人ほど、「うまくいかない」という思いが強く潜在意識に刻み込まれます。

潜在意識は、今あなたが感じていることを現実にします。

したがって、「現実を変えたい」という気持ちにフォーカスすればするほど、「うまくいかない」現実がやってきてしまうのです!

不安や焦りがあるときのどうすればよいのか

では、どうすればよいのか?

まずは、次のような負のループから抜け出すことが第一歩です。

「現実を変えたい」

→「頑張る → 叶わない」

→「頑張る → 叶わない」

→・・・

このような負のループから抜け出すために、まずは「一旦、頑張るのをやめて」「うまくいかない現実を諦める」ことが現実を変える「鍵」となります。

そして、現実が変わらないという「”ない”ものに意識が向いている状態」から、 現実はまぁまぁ楽しいという「”ある”ものに意識を向けた状態」に変えていきます。

”ある”ものに意識が向くと、気分が上がり元気になってきます。そして、もはや現実を変えたいとは思わなくなり、安心感が生まれます。

安心感を感じていると、潜在意識はより安心感を感じるような現実を作り出そうとし、自然と人生が好転していくのです。

現実を好転させるポイント

これまでのポイントは以下の通りです。

現実を好転させるポイント
  • 一旦、頑張るのをやめる
  • うまくいかない現実を諦める
  • 「ある」ものに意識を向ける

 

流れをまとめると

「ある」ものに意識を向けると 

→ 気分が上がる 

→ 元気になる 

→今のままでもOK 

→ 安心感 

→ 安心感を感じる現実が作られる

となります。

本書を読んで、現実が変わらない理由がよく分かりました!

現実を変えるには「心地よいこと」に意識を向ける

心地よさに意識を向ける

現実を好転させるには、「心地よさ」を追求すること。

ただそれだけでいいそうです!

これは、YouTubeチャンネル「Kenji Spirit」でも一貫している主張です。

「現実を変えなければならない」と必死になり、焦り、不安になるほど頑張っていることに気づき、自分の好きなこと、心地よいことに意識を向け、日々を心地よさで満たしていくこと。ただ、それだけで、いいのです。

好きなことや心地よさに意識を向ける際の注意点

以下の点に注意する必要があります。

心地よさに意識を向ける際の注意点
  • 自分の気持ちに正直になる
  • やりたいことは全部やる
  • 満足感をたっぷり感じる

です。具体的には例えば

「映画を見たければ、仕事が忙しくても観にいく」

「テーマパークにいきたければ、一人でも行く」

「食べたいものがあれば、少々遠くても食べにいく」

などが挙げられていました。

 

別の章でも

「朝起きてから寝るまで、何かを選ぶときは必ず ”好き” ”心地よい” を基準にして選ぶ」

という記述があり、私も日々心がけています。

 

私自身、心地よさに意識を向けることで、最近とても生きやすくなったのを実感しています。

本当に感謝です!

エネルギーを「ゼロにリセットする」

「一旦、頑張ることをやめ」「あるものにフォーカスし」「心地よさを追求していく」ことで、自分のエネルギーを「ゼロ・ポイント」に戻すことが現実好転の鍵です。

「ゼロ・ポイント」のエネルギーとは、自分が本来持っている、子どものころのような元気なエネルギーのことです。

私自身、3ヶ月ほど「焦り」や「不安」に囚われていた時期がありました。

頑張っても頑張ってもうまくいかないし、やる気も失っていました。

 

そこで一旦、頑張るのをやめてみました。

今やっていることを諦めてみました。

心地よさに意識を向け、今「ある」ものに意識を向けるようにしました。

 

すると、「今の夢は叶えば嬉しいけど、今のままでもわりと幸せかも」と感じるようになり、心がすっと楽になったのです。

私自身が本来持っているエネルギーがゼロに戻り、元気が戻ってきた感覚になることができました。

今ではやってみたいこともたくさん出てきています。

これがまさに、本書のタイトルでもある「ゼロ・リセット マジック」なんだ!

そう思いました。

エネルギーをもとへ戻すことは本当に大切ですね。

まとめ

本書から私が学んだ点は以下の通りです。

日々心地よくいることで、現実は変わる。

ゼロに戻って、まずは元気を取り戻す。

そうすれば、やる気やアイデアが自然に湧いてきて、人生が好転していく。

本書には、エネルギーをゼロに戻すための様々な方法がたくさん紹介されています。

最初から通して読むことで、「なぜ心地よさが大事なのか」「なぜエネルギーをゼロに戻すことが必要なのか」についてより深く理解することができると思います。

ぜひ一度本書を手に取って読んでみてください。

あなたの中の何かが確実に変化するはずです!

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!